一般物高層倉庫
一般物移動ラック式倉庫
一般物ラックビル倉庫
一般物冷蔵倉庫
総面積: 800 坪 収納数: 1,000 パレット 収納数: 1,640 パレット 総面積: 190 坪
南棟3階建て倉庫の2階及び3階に位置し、貨物用エレベータとリフターにて入出庫が可能。天井高が10メートルと余裕の高さを持ち、密閉型の倉庫である為、害虫を避けなければならない商品などの管理のシビアな商品保管も可能です。 北棟1階に位置し、貨物収納ラック自体が電動により横移動する為大変収納率の高い倉庫であり、段積み・干渉不可の商品保管に非常に良い環境を備えております。 事務所内のオンライン端末によりロット別管理を可能とし先入れ先出しもコンピュータにより管理されているため誤出荷等の防止につながり、収納率を大幅に向上させる事でニーズの多様化を目的としています。 通年20℃での一定温度管理倉庫(110坪)および最低温度5℃での保管を可能とする冷蔵専用倉庫(80坪)の2棟。冷蔵専用倉庫は2室ありそれぞれに区別した管理温度帯での保管が可能。
重量物天井クレーン倉庫
危険物屋内倉庫
危険物ラックビル倉庫
危険物定温倉庫
総面積: 170 坪 収納面積: 計 320 坪 収納数: 1,700 パレット 収納面積: 45 坪
南北棟倉庫の各2階に位置し、移動式天井クレーンによる入出庫が可能。トラック荷台への直接積込及び吊り上げが可能である為リフト作業を必要とせずスムーズな荷扱いが可能です。 消防法第4類に該当する危険物の保管を目的とした倉庫。主にドラム缶に入った化成品やオイル原料関係の保管に適した倉庫です。 一般物ラックビル同等、パレット収納率にこだわり、消防法第4類に該当する危険物を貯蔵する事が出来る為、平置き倉庫の何倍もの収容能力を備えています。また、事務所内のオンライン端末によりロット別管理をしている為、先入れ先出しももちろんの事御出荷防止にも貢献します。 近年の外気温上昇に対応すべく高温になると発火の危険性のある商品や定温での品質劣化を防止する為に年間を通じて、20℃の一定温度を維持できる冷暖房設備を設け、消防法第4類に該当する商品を保管可能とする危険物貯蔵用定温倉庫です。